スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トラウマ 鮮血の叫び ~全自動首チョンパマシーン~

ガイコツ
どうもです。
この記事はサイト移転に伴い、下のURLにお引越ししました。
お手数ですが、リンクから飛んで読んでいただければ幸いです。



お引越し先リンク
https://goo.gl/TWVjHF
スポンサーサイト

野火 ~悲惨!陰惨!凄惨!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「野火」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画は塚本晋也監督の2015年の作品だ。
「鉄男」とか自主製作系の作品で有名な監督だな・・・と言っても筆者は塚本監督の作品観るのこれが初めてだったりするんだけど。

ガイコツ
筆者はこの作品、公開時は完全にスルーしており、それを後で知ってかなり後悔してたのですが、新文芸坐でリバイバル上映があってしかも監督のトークショー付きとのことで大喜びでホイホイと観に行ったようです。
トークショーの後にはサイン会もあったのでパンフにサイン貰って大喜びしてましたね(笑)

ロボコップ
なんかここまで書いてると筆者がすごくミーハーで現金なヤツに思えてくるな・・・実際そうだけども(笑)
そんなミーハーな筆者の話は置いといてそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



撮影OKだったトークショーの様子とサイン貰った直後大はしゃぎなミーハー野郎のツイッター
2016-03-20.jpg




日本軍の敗戦が濃厚になってきた、第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。1等兵の田村(塚本晋也)は、結核を発症したために部隊を追われて野戦病院へと送られてしまう。だが、病院は無数の負傷兵を抱えている上に食料も足りない状況で、そこからも追い出されてしまう羽目に。今さら部隊に戻ることもできなくなった田村は、行くあてもなく島をさまよう。照りつける太陽、そして空腹と孤独によって精神と肉体を衰弱させていく田村だったが……。
シネマトゥデイより引用
poster2_2016032101045031a.jpg
筆者はキャピキャピしてますが観た作品は血みどろドロドロです。
[ 2016/03/22 01:40 ] タ行 塚本晋也 | TB(0) | CM(0)

レプティリア ~出来の悪い子ほど・・・~

ガイコツ
どうもです。
今回は「レプティリア」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はトビー・フーパー監督の2000年の作品だ。
正直ソフトをお店で見かけるまでトビー・フーパーがこんな作品撮ってたことも知らなかったぜ(笑)

ガイコツ
劇場公開されていないうえにWikipediaにも作品ページがないですからね・・・(笑)
筆者はこの作品、お店でフラッと見た棚に置いてあったのでなんとなく買ってしまったようです。
普段ここまでなんとなくで買うことはあまりないのですがこの作品はなぜか買っちゃったんですよね。

ロボコップ
そんな安かったわけでもないし、なんでだろう・・・なんか怖い(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ・・・と思ったけど引用できるところが見つからなかったので今回はナシ(笑)




affiche-crocodile-2000-1.jpg
なんかポスター画像もすごい安っぽいぞ!
[ 2014/08/31 23:55 ] タ行 トビー・フ-パー | TB(0) | CM(4)

バーニング ~バンボロ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「バーニング」について話していきましょう。

ロボコップ
この作品はトニーメイラム監督の1981年の作品だ。
最近になってブルーレイが発売された作品だな。

ガイコツ
今までは作品の噂は聞きつつもVHSしか出てなかったからなかなか観る機会に恵まれなかったんですが、ブルーレイが発売されたということで喜んで、その勢いで某ヨ○バシでポチってしまったようです。
いや~、勢いって怖いですね(笑)

ロボコップ
ポチった瞬間には痛みはないのに後でナイフが刺さってることに気付いて死ぬからな(笑)
クレジットの恐怖は置いといて、そろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



学生たちで賑わうキャンプ場に出現した殺人鬼。巨大なハサミを武器に若者たちは次々と犠牲になって行く……。
allcinemaより引用
BurningUKQuad.jpg
良い子も悪い子もバンボロおじさんがチョキチョキしちゃうぞ!
[ 2014/06/13 21:09 ] タ行 トニー・メイラム | TB(0) | CM(6)

ヘンゼル&グレーテル ~厨二病!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ヘンゼル&グレーテル」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はトミー・ウィルコラ監督の2013年の作品だ。
みんな大好き(?)「処刑山 -デッド・スノウ-」を撮った監督だな。

ガイコツ
筆者はこの作品、楽しい処刑山を撮った監督の作品なので気になりつつもまだ観ていなかったのですが、シネマカリテのカリコレ2014なる企画で劇場でかかるということで喜び勇んで観に行ったようです。
企画でこういう劇場未公開作品をかけてくれるのは嬉しいですね~。

ロボコップ
その他にも「メガ・シャークVSメカ・シャーク」なんかもかけててなんかすげえなと思ったぜ(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




お菓子の家で魔女に捕らえられ、魔女をかまどに突き落として生還した兄ヘンゼルと妹グレーテル。15年後、成長した兄妹は魔女ハンターとして活躍していた。ある日、子どもの誘拐が頻発する村から事件の解決を依頼された兄妹は、黒魔女ミュリエルを追うが……。
映画.comより引用
hansel_and_gretel_witch_hunters_ver5.jpg
海外(アメリカ?)だと3Dな上にIMAXでもかかってただと・・・!?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。