スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイアムアヒーロー ~真面目!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「アイアムアヒーロー」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画は佐藤信介監督の2016年の作品だ。
「GANTZ」とか「図書館戦争」の実写化もやってた監督だな。
と言っても筆者はどっちも観てなかったりするんだけど・・・。

ガイコツ
そんな筆者でしたが今回は邦画で珍しいゾンビ映画でしかもシッチェス映画祭で観客賞も獲っているということで興味をそそられて観に行ってみたようです。
まあシッチェス映画祭がどんな映画祭かもよく分かってないんですけどね(笑)

ロボコップ
ヒューマントラストシネマ渋谷で毎年特集組んでる映画祭ってことぐらいしか知らないけど、特集でやってた作品もなんか尖ってて面白かったしはきっと楽しい映画祭に違いないだろう(笑)
では、そんな何も知らない筆者の話は置いといてそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。
シネマトゥデイより引用
poster2_20160501225837bb3.jpg
ポスターもシッチェス推し!
スポンサーサイト
[ 2016/05/02 23:27 ] サ行 佐藤信介 | TB(0) | CM(2)

呪われたジェシカ ~地味怖!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「呪われたジェシカ」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はジョン・ハンコック監督の1971年の作品だ。
日本ではしばらくの間、ソフト化もあんまりされてなくて幻の作品扱いされていた作品みたいだな。
今はDVDも普通に手に入るみたいだけど。

ガイコツ
筆者はこの作品、特に興味があったわけでもないのですがTSUTAYAの発掘良品コーナーでパッケージから地味ながら面白そうな雰囲気をムンムンとさせていたので借りてみたようです。
下のがDVDのパッケージです。

norowaretaje.jpg
ロボコップ
呪われたジェシカってストレートな邦題も悪くないけど原題の“LET'S SCARE JESSICA TO DEATH”てのもなんか雰囲気があっていいよなぁ。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




神経障害で入院していたジェシカは、夫とその友人と共に療養のため田舎町へやって来た。湖を臨む別荘へ到着した3人は、そこに無断で入り込んでいるエミリーという少女と出会う。やがて4人は共同生活を始めるが、ジェシカの周囲で奇怪な出来事が起こり始める……。
T-SITEより引用
LetsScareJessicaToDeath_1971.png
ポスターも地味怖!

ゾンビーバー ~カワイイは正義!~

ガイコツ
どうもです。
この記事はサイト移転に伴い、下のURLにお引越ししました。
お手数ですが、リンクから飛んで読んでいただければ幸いです。



お引越し先リンク
https://goo.gl/yf34kD

ヴァイラス ~映像派!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ヴァイラス」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はジョン・ブルーノ監督の1999年の作品だ。
監督作はこれだけだけど「ターミネーター2」や「アビス」のVFXに携わってたりして映像技術畑出身の人みたいだな。

ガイコツ
「アビス」ではアカデミー賞の視覚効果賞獲ってますしその道ではかなりの人なんでしょうね。
筆者はこの作品、映画秘宝かなんかのムックでタイトルだけは知っていたのですが、先日たまたまDVDを見かけ、割と安かったので買って観てみたようです。

ロボコップ
最近は欲しいと思ったときに買わないと欲しかったことすら忘れちゃうからな・・・(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




南洋で輸送船が嵐に遭遇したあと、ロシアの衛星探査船を発見する。そこはロシアの宇宙ステーション、ミールを通して宇宙から侵入した電磁波生命体に乗っ取られていた。コンピュータに入り込んだ電磁波生命体は、人類をヴァイラス=殲滅すべきものと認識、攻撃を仕掛けてくる。環太平洋ケーブルや軍事衛星にアクセスされたら、人類絶滅は必至。フォスターらは、生命体に対し決死の戦いを挑む。
allcinemaより引用
A70-7966.jpg
ウィリアム・ボールドウィンの眠たそうな顔が印象的
[ 2015/06/07 19:14 ] サ行 ジョン・ブルーノ | TB(0) | CM(1)

地獄のデビルトラック ~ゆるゆる~

ガイコツ
お久しぶりです!
筆者の仕事やらなんやらで気が付いたら2か月も経ってしまいました・・・。
今回は「地獄のデビルトラック」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はスティーヴン・キング監督の1986年の作品だ。
スティーヴン・キングの初監督作品で、自分の短編作品を脚本・監督で映画化したみたいだな。

ガイコツ
筆者はこの作品、駄作まあまあな作品だと噂で聞いていたのですが、スティーヴン・キングが自分の作品を映画化したんだから間違いが起こるわけがない!ということで買って観てみたようです。
買った後にWiki読んだら“キング自身は失敗作だと認めている。”と書いてあって愕然としましたが(笑)

ロボコップ
キ、キングにとって失敗作でも観る側にとっては傑作ってこともあり得るから・・・。
では、そろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




1月14日、米国上空を謎の飛行物体が通過。次の日、跳ね橋がひとりでに動き出したのを皮切りに、次々と機械が暴走。たちまち米国全土を支配する。ビルたちが働くガソリンスタンドも例外ではなく、ゴブリンの仮面をつけたトラックに率いられた無数の自動車たちが、ガソリンを入れろと押し寄せる。休憩も給料も残業手当もなく24時間酷使される身に転落したビルたちだったが、機械は暴走しても道具は、そして銃火器は暴走せずに使えることに気づく。そして、ビルたちとデビルトラックたちの死闘が始まる。
Wikipediaより引用
1097657_650.jpg
なぜかブルーレイ発売中!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。