スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トランス ~頭グルグル!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「トランス」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はダニー・ボイル監督の2013年の作品だ。
筆者はこの監督の作品は「28日後」しか観たことがないのでこれで2作目だぜ。

ガイコツ
気にはなっているんですがまた今度また今度と後回しにしていて全然作品を観られていない監督ですね。
「トレインスポッティング」とかすごく有名ですし観たいなぁとは思っているのですが・・・。

ロボコップ
明日できることは明日でもいいじゃん型の筆者のことだからいつになるのやら・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




競売人(オークショナー)のサイモンは、ギャングと結託してオークション会場からゴヤの名画「魔女たちの飛翔」を盗み出すが、計画とは違う行動をとったためギャングのリーダーに殴られ、その衝撃で記憶が消えてしまう。ギャングのリーダーは催眠療法(トランス)を使い、サイモンが隠した絵画の場所を探ろうとするが、サイモンの記憶にはいくつもの異なるストーリーが存在し、探れば探るほど危険な領域に引きずり込まれていく。
映画.comより引用
trance.jpg
この振り子を見つめて・・・あなたは段々眠くな~る・・・
スポンサーサイト
[ 2013/10/20 20:28 ] タ行 ダニー・ボイル | TB(0) | CM(0)

28日後... ~これはゾンビですか?いいえケフィアです。~

ガイコツ
どうもです。
さっき最後の方まで書いた記事が全部消えて涙目な筆者を横目に
今回は「28日後...」について話していきたいと思います。


ロボコップ
この映画は2002年のダニー・ボイル監督の映画だ。
筆者は午後のロードショー録画したの観てたな。
ときどきおっと思う映画やってたりするよな、アレ。
で、ストーリーはこんなカンジ。



動物愛護活動家が医療科学研究所を襲撃した。研究員はチンパンジーが危険な感染症にかかっていると警告するが、活動家は耳を貸そうとしない。檻から出した途端、チンパンジーは研究員や活動家に襲いかかった。
感染症の正体は、感染すると数秒で脳に侵入して精神を司る部分を破壊し、「凶暴性」(レイジ)を剥き出しにしてしまうウイルスであった。研究所の襲撃により外部に流出したウイルスは瞬く間に蔓延、ロンドンはゴーストタウンと化した。ウイルスの感染拡大から28日後、メッセンジャーのジムは寂れた病院で昏睡状態から目を覚ます。変わり果てた風景に呆然としながら人気のない街をさまようジムは教会に入るが、そこで彼が目にしたものは自らに襲い掛かってくる感染者の姿だった。

28日後
目が怖い、目が

[ 2012/02/10 00:36 ] タ行 ダニー・ボイル | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。