スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ポール・ヴァーホーヴェン トリック ~挑戦!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ポール・ヴァーホーベン トリック」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はタイトルでもわかるようにポール・バーホーベン監督の2012年の作品だ。
同時期に公開している堤幸彦のトリックと混同されないように監督名がタイトルに入ってたりするのかね?(笑)

ガイコツ
筆者はこの作品、みんな大好きバーホーベン監督の「ブラックブック」以来の新作だということで観に行ってみたようです。
御大の待望の最新作だというのにやってるのが渋谷の一か所だけというのにはビックリしましたけど。

ロボコップ
まあこの映画の企画自体ががちょっと特殊というのも関係しているんだろうけどな。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリー・・・というか企画の概要はこんなカンジ。




「スターシップ・トゥルーパーズ」「氷の微笑」の鬼才ポール・バーホーベンが、「ブラックブック」以来6年ぶりにメガホンを取ったサスペンス。映画の冒頭4分だけを公開してその後の脚本を一般公募し、送られてきた1000以上もの脚本から監督自ら選出したものを繋ぎあわせて製作。その過程を追うドキュメンタリーを併せた2部構成となっている。50歳を迎えたプレイボーイの資産家ムレコは、愛する家族や美しい愛人に囲まれて満ち足りた毎日を送っていた。ところが、海外にいるはずの元愛人ナジャの突然の出現により、完璧だった彼の人生は崩壊していく。
映画.comより引用
poster2_20140129172520426.jpg
ヴァーホーヴェンフォーエヴァー!
スポンサーサイト

氷の微笑 ~エロティック!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「氷の微笑」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はポール・バーホーベン監督の1992年の作品だ。
筆者はこの作品、この前観た「シリアルママ」にこの作品を彷彿とさせるようなシーンがあって観たいなぁと思っていたんだが延び延びになってしまってやっと先日観たようだ。

ガイコツ
「シリアルママ」観たのももう二か月半以上前ですもんね・・・時が経つのは早いもんです。
暑い暑い言ってたと思ったら最近はもう肌寒く感じるくらい季節も移り変わってますしね。
変わり映えしないのは筆者とこのブログくらいのもんです。

ロボコップ
か、変わり映えしないことが魅力だから・・・(震え声)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




アイスピック殺人事件の捜査線上に浮び上がった女性作家。事件を捜査する刑事は次第に、容疑者の妖しい魅力のとりこになっていく。やがて彼自身に殺人容疑がかかってしまうが……。
Yahoo!映画より引用
basic-instinct-poster.jpg
変態監督バーホーベン先生が征く!

スターシップ・トゥルーパーズ ~ちょード変態!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「スターシップ・トゥルーパーズ」について話していきましょう。


ロボコップ
この作品はポール・ヴァーホーベン監督の1997年の作品だ。
まあなんというか言わずと知れた名作として名高い作品だな(主に好事家たちに)。


ガイコツ
筆者は一応ブログ始めてから一年の区切りで大好きな作品を観ようということで、最近新たにブルーレイを手に入れたこの作品を観たようです。
今まで何度かDVDで観てきましたけどやっぱりブルーレイは画質がいいですね!何となく!


ロボコップ
正直我が家の小さいテレビではあまりブルーレイの恩恵に与ってない気がするけどな・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





未来。地球連邦政府の支配の下、一般民は市民権を得るためには軍隊に志願し、兵役につくことが必要とされていた。ブエノスアイレスのハイスクールを卒業したジョニー・リコは、宇宙海軍のパイロットを目指す恋人のカルメン・イバネス、俊才にしてエスパーのカールと共に軍を志願。最も苛酷な機動歩兵部隊に配属されたリコは鬼教官ズィム軍曹の下、彼に恋する同級生のディジーと猛訓練の日々を経て優れた兵士に成長する。分隊長に任命された彼だが、ある日、実弾訓練で仲間のひとりを死なせてしまう。挫折感を味わい、軍を辞める決意をしたジョニーだが、その矢先、異星生物アラクニド=バグスとの戦争が始まる。
goo映画より引用
スターシップ・トゥルーパーズ
みんな大好き串刺しヘルメット!

ロボコップ ~ぎこちないのがいいのさ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ロボコップ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はポール・バーホーベン監督の1987年の作品だ。
まあこのアイコン見れば分かると思うが筆者の大好きな作品だぜ。
年の初めは好きな作品でも観ようじゃないかということで観たようだ。


ガイコツ
ちょうど年末セールでワゴンに叩きこまれてたロボコップトリロジーBOXを救出したばっかりでしたしね。
ワゴンから寂しそうに見つめるロボコップにコロリといってしまったようです(笑)
表紙もカッチョよかったですし。

トリロジー
どうする?アイフル
ロボコップ
ワゴンにあったということはあんまり売れてなかったのかしら・・・好きな作品だけにお得感と同時に一抹の寂しさも感じてしまったぜ(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





近未来。世界は混乱の極みに達し、叛乱鎮圧のため核爆弾が使われる時代だった。デトロイトでは旧市街が犯罪の巣窟と化し、警察経営を民間企業のOCPが請け負っていた。保安担当のジョーンズは巨大な警察ロボットEDー209を披露するが失敗に終わった。モートンは、サイボーグ警官ロボコップのアイディアを売り込み社長の承認を得た。南署へ、マーフィが配属され、美人刑事ルイスとコンビを組むことになった。強盗一味を追跡して廃工場ヘ二人は潜入した。だが逆に一味にマーフィはなぶり殺しにされてしまう。モートンはマーフィの身体を土台にロボコップを作りあげ、南署に配属した。ピストルをくるくるまわす仕草に、ロボコップがマーフィと気付くルイス。しかし、彼に過去の記憶はなかった…。
goo映画より引用
ロボコップ1
キャー!ロボコップサーン!

ブラックブック ~やりすぎぃ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ブラックブック」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はポール・バーホーベン監督の2006年の作品だ。
筆者はこの作品、「アイアン・スカイ」スペェースナチィィィス!!をやる前に普通のナチスも観ておこうということで観たようだ。


ガイコツ
まあみんな大好き変態なバーホーベン先生の作品なので普通かどうかはいささか怪しいところがあるかもしれませんけどね(笑)


ロボコップ
普通じゃなかったらそれはそれでそこにシビれる!あこがれるゥ!とか言って筆者は絶賛する気がするな(笑)
ではそろそろ普通かどうか怪しい内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




1944年、ナチス占領下のオランダ。美しいユダヤ人歌手のラヘルは、南部へ逃亡する途中、ドイツ軍により家族を殺されてしまう。レジスタンスに救われたラヘルは、エリスと名を変え、髪をブロンドに染めレジスタンス運動に参加する。彼女はその美貌を武器にスパイとしてドイツ人将校ムンツェに近づいていくが、その優しさに触れ、次第にムンツェを愛するようになってしまう。一方、レジスタンス内では裏切り者の存在が浮かび上がる。
goo映画より引用
ブラックブック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。