スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ターミネーター・ソルジャー ~白塗りのオヤジ~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ターミネーター・ソルジャー」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画は2011年のダン・ガルシア監督の作品だ。
筆者は発売早々本屋のワゴンに叩き込まれていたり、ソフマップで異常な本数の中古が並んでいるのを見かけたせいで逆に気になってしまって観てしまったらしい。
筆者ェ・・・。


ガイコツ
タイトルからしてC級以下の臭いがプンプンするじゃないですか、コレ。
こんなの観るなんて筆者はよっぽど暇だったんですね(ニッコリ


ロボコップ
本家(?)の「ターミネーター」だって元は低予算映画だったんだし、
これだって傑作である可能性が微レ存・・・。
まあ、普通にC級以下だったがな!


ガイコツ
鑑賞後筆者が「な、流し観だから時間無駄にしてねーし!ホントだし!」と言い訳していたのが非常に見苦しかったですね(笑)


ロボコップ
そろそろストーリー説明に入るぞ。
ストーリーはこんなカンジ。



中米ジャングル地帯の実験施設で、米国防省研究チームが消息を絶った。救出に向かったタイラー中尉率いる特殊部隊とCIAエージェントのカサンドラは、そこで想像を超えた敵と遭遇する。
カメレオンのような保護色機能で姿を消し、捕捉したターゲットをレーザー兵器でターミネート<抹殺>する。それはコードネーム《E16》、米軍が極秘開発したサイボーグ兵士だった。制御不能となったプロトタイプのE16に、次々と倒されてゆく隊員たち。
タイラーとカサンドラは、無敵の殺人兵器に絶望的な戦いを挑むが……。

ターミネーター・ソルジャー2
どうです、良いパッケージでしょう?違いますか、そうですか。


スポンサーサイト
[ 2012/02/21 06:25 ] タ行 ダン・ガルシア | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。