スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファイナル・デッドコースター ~カワイコちゃんがいいじゃない~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ファイナル・デッドコースター」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジェームズ・ウォン監督の2006年の作品だ。
「ファイナル・デスティネーション」シリーズの第3作目だ。
筆者はこの作品がシリーズ初挑戦だな。


ガイコツ
TSUTAYAだとサスペンスのコーナーに置かれているですね、コレ。
筆者はてっきりホラーだと思い込んでいたらしくホラーのコーナーを5分くらい右往左往してました(笑)


ロボコップ
まるで不審者やな。
まあWikipediaでもジャンルがホラー・サスペンスになってたから微妙なところではあるんだろうな。
で、筆者がこの映画を観ようと思った理由だが・・・


ガイコツ
主演女優のメアリー・エリザベス・ウィンステッドが可愛いからという邪な理由ですね・・・。
「遊星からの物体X ビギニング」から気になっていたそうで。



メアリー・エリザベス・ウィンステッド
邪でもいいじゃん。だってカワイイじゃん。


ロボコップ
「遊星からの~」では困ったようなおびえたような顔が印象的だったが、この作品でもほとんどずっと困り顔だったな。
笑ってたのホント最初くらいじゃないか・・・?


ガイコツ
笑顔もカワイイくて魅力的なのですが、困り顔の時間の方が圧倒的に長いので印象に残るのはそっちなんですよね(笑)


ロボコップ
困り顔ヒロインの話はこれくらいにしてそろそろ内容について話していくぞ。
ストーリーはこんなカンジ。



壮絶なハイウェイ事故から3年後、高校卒業イベントで訪れた遊園地でジェットコースターに乗った主人公のウェンディは、凄惨なジェットコースターの脱線事故の予知夢を見る。パニックを起こしたウェンディは、10人の仲間と共にジェットコースターを降りるが、その直後に事故は現実のものとなってしまう。多くの死亡者が出る中、間一髪で助かったウェンディ達。だがその後、元々死ぬ運命にあった10人のうち2人が日焼けサロンで怪死を遂げる。ウェンディは、事故の直前に撮影された写真の中に死のヒントが隠されていることに気づき、自らの死を回避しようとするのだが・・・。

ファイナル・デッド・コースター
開幕がジェットコースターだからってだけの安易なネーミングの邦題!だがそれがいい!

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。