ハロウィン(JC版) ~リア充よ、これがハロウィンだ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ハロウィン」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジョン・カーペンター監督の1978年の作品だ。
観るのは3回目くらいかな?
では以下、この作品を観るに至った筆者の長々とした言い訳をお聞きください。


ガイコツ
10月31日の祭りなのに、そのはるか1カ月から「ハロウィンだ!イエ~イ!」だのはしゃいでいるリア充軟弱な若者たち、それを煽る店の数々にリア充爆発しろ!このような浮ついた風潮は諌めねばならぬ!」怨念義憤に燃える非リア充日本男児の筆者がハロウィンに浮かれたらどういう末路をたどるか克明に記したこの映画を観て鬱憤を晴らそう世に警鐘を鳴らそうではないかということで観たそうです。


ロボコップ
要するにストレス解消するために観たようだ。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





15年前に実の姉を殺害した少年マイケルが、収容されていた精神病院から脱走して故郷に向かった。万聖節の夜、子守をするはめになった女学生ローリイ(カーティス)は白塗りの不気味な仮面をつけた男の姿を目にする。そのころマイケルの担当医ルーミス(プレザンス)もその地ハドンフィールドに到着していた……。
allcinemaより引用
ハロウィンjc
この映画を観てハロウィンで浮かれるのはやめよう(戒め)
スポンサーサイト

ヴァンパイア/最期の聖戦 ~熱いぜ!~

ガイコツ
どうもです。
今回はヴァンパイア/最期の聖戦」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジョン・カーペンター監督の1998年の作品だ。
カーペンター作品は久々だな。


ガイコツ
筆者はこの作品ずっと前から探してたんですが、つい最近忘れた頃にぶらっとお店を覗いてみたらあったのでビックリしたみたいです。


ロボコップ
血眼になって探しているときには見つからないのに忘れた頃に見つかり、買った後には当たり前のように見かけるようになるんだよな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。




世紀末、ヴァンパイアたちは密かに人間の生き血を啜り、世界各地で蘇っていた。スレイヤーズのジャックはある日、仲間と共にニュー・メキシコの一軒家を襲い、ヴァンパイアたちを太陽光の下に引きずり出して殺す。ジャックたちは近くの街で勝利に酔いしれるが、その夜、魔鬼・ヴァレックは復讐のためチームを襲う。ジャックとトニー、魔鬼に血を吸われた娼婦のカトリーナが生き残ったが…。
goo映画より引用
最期の聖戦
血と汗と涙と吸血鬼!

「遊星からの物体X」と「遊星からの物体X ファーストコンタクト」についてグダグダと話す会

ガイコツ
どうもです。
今回は「遊星からの物体X」「遊星からの物体X ファーストコンタクト」について話していきましょう。


ロボコップ
筆者は無印の方は2回、ファーストコンタクトの方は英語字幕(理解度30%)で1回観てはいるんだが、ファーストコンタクトがめでたく日本でも上映されることになったのでこの機会に両方とも観直してみたようだ。


      理解度3割で「遊星からの物体X ファーストコンタクト」にファーストコンタクトした記事はこちら

ガイコツ
あ、ファーストコンタクトの方は今回はちゃんと劇場で観たので理解度100%になりました。
前回観た時、英語音声英語字幕でさえすごく厳しいのに、舞台の設定に沿って一部ノルウェー語音声に英語字幕になってて死にかけてたのが今となっては懐かしいですね(笑)


ロボコップ
今当時の記事見返すと理解度30%のストーリーには全然触れてなくてビジュアルなどについて表面的にスーッとすくい取った湯葉もびっくりな内容だな(笑)
・・・まあ内容が薄いのは今も大して変わらんか。



      この記事は割と無造作にネタバレをしてしまっているので気にする方はご注意を。

遊星からの物体X 5遊星からの物体X 6
ユウセイカラノブッタイ エーックス ♪地上の星

ダーク・スター ~名作?迷作?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ダーク・スター」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジョン・カーペンター監督の1974年の作品だ。
前回の記事で「夏のカーペンター祭りですね」的なコメントをいただいき、せっかくだからカーペンター祭りしようじゃないかということで観たらしい。


ガイコツ
・・・・主催者なのに乗り遅れて参加的スタンスでいいんですかね?
「カーペンター祭り始まるよ!」的なことも筆者まだ言ってないですし。


レザーフェイス顔プロフィール用
カーペンター祭り始まってるよ!


ロボコップ
今言っても遅いだろ!
・・・・まあとりあえず内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



21世紀半ば。スカウトシップ“ダークスター号”は地球を離れ、
遠い宇宙の彼方を飛んでいた。乗員4人は前方にある危険な小惑星を破壊するため、
思考メカニズム付の惑星熱爆弾を準備していた。
だが、彼らを流星群が襲い、パニックとなった。
果たして彼らはトラブルを回避出来るだろうか?

JVD製品ページより引用
ダークスター
宇宙サーファー現る!

ザ・フォッグ ~100th Anniversary~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ザ・フォッグ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジョン・カーペンター監督の1980年の作品だ。
筆者はこの作品、「死霊のしたたり」借りるついでに一緒に借りたようだ。


ガイコツ
この作品も近所には置いてなかったですからねー。
渋谷TSUTAYA様々ですね。


ロボコップ
ただし返しに行くのがちょっとメンドクサイのが難点だな(笑)
近所に超巨大店舗建たないかしら。
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。



町の誕生100周年記念祭に沸き立つ小さな港町アントニオ・ベイ。だが、町を濃い霧が覆い尽くし、殺人事件が頻発する。果たして殺人者の正体は、そしてこの町が持つ忌まわしい秘密とは……?
Wikipediaより引用
ザフォッグ
戸締りしっかりせえ!霧の中に何かおるで!