スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シャレード ~オサレミステリー~

ガイコツ
どうもです。
今回は「シャレード」について話してきましょう。


ロボコップ
この作品はスタンリー・ドーネン監督の1963年の作品だ。
筆者は午前十時の映画祭でやってたのを観てきたみたいだぜ。


ガイコツ
大人1000円学生500円で安かったからという理由で、大して下調べせずに観に行ったのですがすごい面白くてビックリしたようですね。
後から調べたのですが、かなり評判のいい映画だったようです。
まあそうじゃなきゃ再上映なんてされんですけど。


ロボコップ
有楽町はもう公開終わってしまったけど、他の地方の映画館でもやるみたいなので是非チェックしてみたらいいと思うぜ。
あと、この作品はパブリックドメインになっているからDVDも安価で手に入るんじゃないかな?
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



フランスの冬の観光地。レジーナはフランスの友達とスキーを楽しんでいた。彼女は夫との離婚を決意している。彼女はそのスキー場で偶然ピーターと知り合い、強く心をひかれた。パリのアパートに帰った彼女は夫の殺害を知らされ唖然とした。夫の葬儀のとき、会葬者の中に見知らぬ3人の男ーペンソローギデオンスコビーがいた。大使館で彼女は情報部長に、夫は戦時中、会葬に来た男たちと共謀して25万ドルを隠匿、戦後山分けをすることになっていたが、夫はそれを裏切り金を持って逃げるところを殺された、政府のお尋ね者だったと聞かされた。
シャレード2
(今まで知らなくて)すまんな


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。