スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エボラシンドローム 悪魔の殺人ウイルス ~下衆の極み!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「エボラシンドローム 悪魔の殺人ウイルス」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はハーマン・ヤオ監督の1996年の作品だ。
「インファナル・アフェア」でカッチョよかったアンソニー・ウォンが若かりし頃に主演したことでも有名なカルト作品だな。

ガイコツ
筆者はこの作品、観てみたいとは思いつつもソフトを見かけたことすらない作品だったのですがヒューマントラストシネマ渋谷がスーパークレイジー極悪列伝なる企画で何を血迷ったか「八仙飯店之人肉饅頭」などと共に上映するという快挙を成し遂げたので観に行ってみたようです。

ロボコップ
快挙なのか暴挙なのか分からんが、ソフトも高騰してるし映画館でやってくれたのはありがたかったな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



サエないチンピラのカイは、ボスの夫婦を殺害し、アフリカへと逃亡する。十数年後、アフリカの中華料理店で働いていたカイは、豚肉を仕入れにサバンナの奥地にある村を訪れることに。だが、その村はエボラ出血熱に侵されており、そのことを知らないカイは現住民の女性をレイプし、彼女の体液を浴びてしまう。だが、カイはなんと1000万人に1人のエボラウィルスに対する免疫の持ち主だったのだ!こうして歩く病原体となった彼は、香港に舞い戻り、市民を恐怖のどん底へと陥れる。
スーパークレイジー極悪列伝HPより引用
poster_201508162226477d2.jpg
伊波拉~!伊波拉~!
スポンサーサイト
[ 2015/08/25 01:57 ] ハ行 ハーマン・ヤオ | TB(0) | CM(1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。