スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アナベル 死霊館の人形 ~ごちゃ混ぜ感!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「アナベル 死霊館の人形」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はジョン・R・レオネッティ監督の2014年の作品だ。
「死霊館」のスピンオフにあたる作品だぜ。
監督は「死霊館」では撮影担当だったみたいだな。

ガイコツ
同じジェームズ・ワン監督の「インシディアス」「インシディアス 第2章」を担当していたり、その他にはアレクサンドル・アジャ監督のかの名作「ピラニア 3D」も担当しているということで撮影担当としてはなかなか素晴らしい経歴の人なようですね。

ロボコップ
ということでホラーに関しては監督でもイケるんじゃないかということで観に行ってみたようだ。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




子どもの誕生を目前に控え、幸せいっぱいの毎日を送っていたジョンとミア夫妻。ジョンは人形好きなミアにプレゼントするため、ウェデイングドレス姿の美しいアンティーク人形を手に入れる。しかしある晩、彼らの家をカルト集団の一味が襲撃し、人形に邪悪な呪いをかけてしまう。それ以来、人形をめぐって次々と不可解な出来事が起きるようになり、夫妻は恐怖のどん底に突き落とされる。
poster2_20150301030421362.jpg
顔面凶器のおてんば娘、アナベル人形ここに参上!
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。