カテゴリー  [ アンドリュー・トラウキ ]

ブラック・ウォーター ~リアル!?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ブラック・ウォーター」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はアンドリュー・トラウキ監督の2008年の作品だ。
オーストラリアの監督で筆者は未見だけど「赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター」なんかも撮ってる監督だぜ。

ガイコツ
この映画もワニ映画ですし、要するに人が喰われる作品を主に撮っている監督さんのようですね(笑)
筆者はこの作品、まあテレビでやってたから観たというだけなんですけど、オーストラリアのワニ映画というと「マンイーター」がなかなか面白かった記憶があったのでそういうのを期待して観てみたようです。

ロボコップ
「マンイーター」になるか「レプティリア」になるか果たして・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。



北オーストラリアへ休暇を楽しみに来たグレース(ダイアナ・グレン)と恋人のアダム(アンディ・ロドレダ)、そしてグレースの妹リー(メイヴ・ダーモディ)は広大なマングローブが生い茂る沼地で釣りを楽しんでいた。そして、突然何かがボートに直撃して全員が川の中へ放り出されるが、それは巨大なクロコダイルの仕業だった。
シネマトゥデイより引用
bw.jpg
この映画は実話を基にした物語である!(キリッ
スポンサーサイト