アラビアのロレンス ~1枚で終わると思うたか?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「アラビアのロレンス」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はデヴィッド・リーン監督の1962年の作品だ。
筆者は1988年に復元し直された完全版のDVDで観てたぜ。


ガイコツ
非常に美しい景色も魅力的な映画なのでBDでも出せばいいのにと思う映画ですね。
DVDでも十分きれいな画質ではありましたが。


ロボコップ
「ドクトル・ジバゴ」もBD化されてるし、じきにBDも発売されるんじゃないかな?
DVDは2枚組になっているので、1枚は特典用のディスクだろうと思っていたら2枚にまたがって本編が収録されててビックリしたわ。
1枚目に約139分、2枚目に約88分、合計約227分とかなり長い映画だったんだな。


ガイコツ
それを知らなかった筆者は1枚目が終わったところで表示されるINTERMISSIONを見てすっ転んでましたね(笑)



アラビアのロレンス インタミ
ズコーッ!


ロボコップ
パッケージに書いてある情報はちゃんと読んでから再生しましょう、筆者もいい教訓になったな(笑)
では内容の話に入ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。



1916年、カイロに赴いている英国陸軍のロレンス少尉は、トルコへの反乱に意気込むアラブ民族の現状を確かめに向かった。そこで彼は反乱軍の非力を痛感し、アラブ種族をまとめ上げてゲリラ戦へ打って出ることに。やがて、トルコの一大拠点を巡って激闘を展開し、勝利する。そして、再びゲリラ戦の指揮官として新しい任務を与えられ、トルコ軍を打倒するロレンス。だが、一方でアラブ同士の争いが起こり、彼も尽力むなしく徐々に孤立していく…。
ロレンス タイトル
青い目をしていても心はアラビアータ!(アラビアータの語源がアラビアに関係ないことを書いた後知りました)

スポンサーサイト