ゴジラ(2014) 【ネタバレ有】 ~ちゃんと怪獣!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ゴジラ」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はギャレス・エドワーズ監督の2014年の作品だ。
エメリッヒ版「ジラ」のショックを乗り越えて、二度目のハリウッド製作の作品だな。

ガイコツ
まあ筆者は子供の頃親しんだから今も好きという程度でそこまで熱狂的なゴジラファンというわけでもないので、イグアナ君もそんな嫌いなわけではないみたいですけどね(笑)
とはいえ今回ははイグアナでなくしっかりゴジラっぽいぞということでかなり楽しみにしていたようです。

ロボコップ
日本だけやたら公開が遅くてずーっとモヤモヤしてたけど、ようやく観られてやっとスッキリしたというカンジだぜ。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




1999年、日本。原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)は、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、一緒に働いていた妻サンドラ(ジュリエット・ビノシュ)を亡くしてしまう。それから15年後、アメリカ軍爆発物処理班の隊員である、ジョーの息子フォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、日本で暮らす父を訪ねる。原発崩壊事故の原因を調べようと侵入禁止区域に足を踏み入れた二人は、そこで思いも寄らぬ光景を目にする。
シネマトゥデイより引用
poster2_201407272326398c6.jpg
10年のうちにこんなに大きくなりました!
スポンサーサイト