カテゴリー  [ マイケル・ケイトルマン ]

カニング・キラー 殺戮の沼 ~実話・・・?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「カニング・キラー 殺戮の沼」について話してきましょう。

ロボコップ
この映画はマイケル・ケイトルマン監督の2007年の作品だ。
「プリズン・ブレイク」ドミニク・パーセルが主演の作品だぜ。
って言っても筆者は「プリズン・ブレイク」観てないんだけど(笑)

ガイコツ
ドミニク・パーセルがメインで出てたのか、脇役で出てたのかも全然分かってないですからね・・・。
「プリズン・ブレイク」とか入れとけば検索で引っかかりやすくなるんじゃねとかそういう邪な気持ちでとりあえず作品名挙げてるってレベルみたいです(笑)

ロボコップ
作品名で引っかかってもこんなぞんざいな扱いじゃ反感しか買わんだろうに。
ではそんな邪な筆者は置いといて、内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




ニューヨークのテレビ局で報道部のプロデューサーを務めるティム。彼はある日、上司の命令である仕事を引き受ける羽目に。それは、白人女性を殺した巨大爬虫類を探し出し捕獲する、というドキュメンタリー番組を制作することだった。こうしてティムはレポーターのアビバとカメラマンのスティーブンを伴い、アフリカのブルンジ共和国へ向かう。そして現地に着くと、“グスタブ”と呼ばれるその巨大爬虫類を探し始めるティム一行。しかし、国は“リトル・グスタブ”という支配者によって内戦状態に陥っており、一行もその内紛に巻き込まれていく。そんな中、とうとうグスタブが出現、人々を襲い始める。またやがて、この怪物を生み出した驚くべき事実が判明するのだが…。
allcinemaより引用
primeval_xlg.jpg
アフリカブルンジ共和国!広がる広大な湿地に潜む人を食うという巨大ワニは実在した!
スポンサーサイト