スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西部悪人伝 ~ヘイ!アミーゴ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「西部悪人伝」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はフランク・クレイマー監督の1970年の作品だ。
ブームの頃をリアルタイムで経験してるわけじゃないから分からないけどマカロニ・ウエスタンでは末期の方に作られた作品みたいだな。

ガイコツ
筆者はこの作品、「夕陽のガンマン」「怒りの荒野」などでメロメロにさせられたリー・ヴァン・クリーフが主演を務めている作品ということで観てみたようです。
また邦題もすごく惹かれるいいタイトルですよね。

ロボコップ
リー・ヴァン・クリーフ主演って時点で十分なのに“悪人伝”でダメ押しされてる感があるよな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




西部の町ドハティに孤独な影を漂わせる男サバタがやって来た。時を同じくして、銀行強盗事件が発生、10万ドルの入った金庫が奪われてしまう。いち早く事件に気づいたサバタは直ちに悪党達を追跡。翌朝、サバタは多くの死体とともに無傷の金庫を持って戻ってきた。彼に賞金を渡した警備隊長は、強盗団の徹底捜査を宣言するが、証人達は何者かによって消されていってしまう。そんな中、サバタは犯行に使われた馬車を手に入れる。事件の首謀者であるスティンゲル男爵、オハラ判事、ファーガソンの三人は、証拠隠滅のためにサバタ暗殺に次々と刺客を差し向ける。
allcinemaより引用
ehi-amico-ce-sabata-hai-chiuso-651364l.jpg
ヘイ!アミーゴ!チェ!サバタ!
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。