スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第三の男 ~影!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「第三の男」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はキャロル・リード監督の1949年の作品だ。
まあ言わずと知れた名作ですな。

ガイコツ
音楽もすごく有名でエビスのCMに使われていたり、筆者の家の近所に来る移動販売のパン屋が流していたりと今も耳にすることも多いです。
筆者はこの作品、「見知らぬ乗客」のBDと一緒に2枚3000円のコーナーで購入したようです。

ロボコップ
白黒のサスペンスで名作といったカンジで何かしら共通点があるとなんかセットにしたくなっちゃうよな。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




第二次大戦後のウィーン。親友のハリー・ライムの招きでこの街を訪れた作家のマーチンは、到着早々、ハリーが死亡したことを知らされる。ハリーの死には三人の男が立ち会っていたと言うのだが、その三番目の男の正体を追って、マーチンは独自の調査を開始する。
Yahoo!映画より引用
936full-the-third-man-poster.jpg
♪チャンチャランチャラン チャラン チャンチャランチャラン チャラン
スポンサーサイト
[ 2014/04/05 16:29 ] カ行 キャロル・リード | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。