カテゴリー  [ キャスリン・ビグロー ]

ニア・ダーク 月夜の出来事 ~ヘタレ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ニア・ダーク 月夜の出来事」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はキャスリン・ビグロー監督の1987年の作品だ。
最近だと「ハート・ロッカー」や「ゼロ・ダーク・サーティ」を撮っていることで有名な監督だな。

ガイコツ
筆者はどっちもまだ観ていないんですけどね・・・(笑)
この作品はそんなキャスリン・ビグローの初単独監督作品のようです。
筆者はこの作品、初監督作品を観ればどんな監督か分かるという信念にのっとって観てみたようです。

ロボコップ
・・・というのは建前で単に筆者の愛読書のモンスター大図鑑って本に載ってたからなんとなく観てみただけというのはここだけの秘密である。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




ある月夜の晩、酒場へと足を運んだカウボーイの青年・ケリブ(エイドリアン・パスダー)は、道端でメイ(ジェニー・ライト)と名乗る美しい少女と出会う。実はメイは吸血鬼だった。メイに噛まれたことで吸血鬼へと変貌してしまったケリブは、止むなくメイとその仲間である吸血鬼達と共に放浪の旅に出ることになる。やがてケリブはメイと恋に落ちるが、生きる為とはいえどうしても殺人を犯すことが出来ない。人殺しを厭わないという吸血鬼の掟に従おうとしないケリブに吸血鬼のリーダー(ランス・ヘンリクセン)らは激怒、彼を処刑しようと襲い掛かる・・・・。
Wikipediaより引用
near_dark.jpg
ギャァァァ!日の光はだめぇ~!
スポンサーサイト