スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キャリー(2013) ~怒りのクロエチャン~

ガイコツ
どうもです。
今回は「キャリー」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はキンバリー・ピアース監督の2013年の作品だ。
1976年のデ・パルマ版のリメイクというわけではなくてスティーブン・キングの原作小説の再映画化という位置づけらしいな。

ガイコツ
親子ではなく年の離れた姉妹みたいな関係なんですね。
まあ原作小説読んでない筆者にとってはそれによってどういう違いが生まれたのかはよくわかってなかったりするんですけど(笑)

ロボコップ
スティーブン・キングの原作もいつか読んでみたいよなぁ、いつかって言ってるうちは読まんだろうけど(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




地味で冴えない高校生のキャリーは、学校では笑い者にされ、家では狂信的な母親に厳しく監視され、孤独で鬱屈した日々を送っていた。やがて、学校の人気者トミーとプロムパーティに参加することになり、母親の反対を押し切ってパーティにでかけたキャリーだったが……。
映画.comより引用
poster2.jpg
コンニチハ。クロエチャンデス。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。