スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ザ・コールデスト ~殺人鬼慣れ~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ザ・コールデスト」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はマッツ・ステンベリ監督の2008年の作品だ。
「コールドプレイ」の続編にあたる作品だな。

ガイコツ
前作は暑い気分を紛らわすという目的で観たわけですが、今回はこれ以上寒くなったらこんな作品観る気が起きなくなるので今のうちに観ておこうということで観てみたようです。
あとこの作品、ツ○ヤではなぜかアクションコーナーに陳列されていたので探すのにちょっと手間取りました。


ロボコップ
前作は普通にホラーの棚にあったのにな、今作はそんなスポーティーな作品になっているのかね?(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




雪山で遭難したと思われていた5人の若者。その内の4人が惨殺死体で発見された。たった一人生き残った女性・ヤンニケは、死体が発見された近くの病院に収容され治療を受けていた。しかし彼女の外傷は治ったが、心に受けた傷は一向に治らず、悪夢にうなされていた。それと同時に忌まわしい記憶も蘇っていく。病院スタッフや警察へ真実を訴える彼女だが、誰も相手にしてくれない。ついには精神に異常をきたしたのだと判断され、一人部屋に隔離されてしまう。そして数日たったある日の夜、突然病院全体が停電する。パニックになる病院スタッフたち。極寒の病院からの脱出を試みる彼ら。しかし、彼らは一人、また一人と絶叫とともに消えていった---。そう、悪夢(=恐怖)は、まだ終わっていなかったのだ・・・・!
amazonの内容紹介から引用
cold-prey-2.jpg
殺人鬼もアイルビーバック!
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。