スーサイド・ショップ ~ポジティブ万歳!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「スーサイド・ショップ」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はパトリス・ルコント監督の2012年の作品です。
フランスのアニメ作品なんだが面白そうだったので観に行ってみたようだ。
観に行ってから気付いたんだが3D作品だったんだな、コレ。

ガイコツ
アニメ映画を劇場で観る機会も最近は少ないですしましてや3Dで観るのなんて初めてだったのでちょっとだけワクワクしましたね。
でもそんな気持ちも左右をカップルに挟まれたときに吹き飛んだみたいですけど(笑)

ロボコップ
映画が始まるのが先か筆者がいたたまれなくなってスーサイドするのが先かかなりギリギリのところだったぜ(笑)
ぼっち一匹狼な筆者のことはおいといてそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




世の中が絶望の空気に覆われ自殺者が後を絶たない都会で、唯一繁盛していたのが、ネガティブ思考のトゥヴァシュ一家が営む自殺専門用品店だった。そんなトゥヴァシュ家に男の子が生まれ、アランと名付けて育てられるが、アランは家族全員と正反対の無邪気で明るい性格だった。両親の必死の教育にもかかわらず、健やかでポジティブな少年へと成長したアランは、店の商品を「自殺できない用品」に変えていってしまう。
映画.comより引用
suicide.jpg
危うくポップコーン喉に詰めて死ぬところでした。
スポンサーサイト