スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

死刑台のエレベーター ~アンニュイ~

ガイコツ
どうもです。
今回は「死刑台のエレベーター」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はルイ・マル監督の1958年の作品だ。
筆者はこの作品、サントラは持っていて何度もリピートして聴くくらい好きなんだが肝心の作品の方はまだ観たことがなかったので観てみたようだ。

ガイコツ
サントラは演奏しているのがマイルス・デイビスとジャズペーペーの筆者でも知ってる大物で演奏も当然ながら素晴らしいんですよねー。
サントラとしてではなく普通にジャズとして聴いても全然問題ないシロモノだと思います。


ロボコップ
というわけでジャズ好きな方はサントラもオススメだぞ!
・・・とサントラの話は置いといてそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




電話で愛を語り合う男女。ジュリアン・タベルニエはフロランス・カララの夫が社長を務める会社の社員で、フロランスと恋人関係にあった。ジュリアンは、フロランスの夫を自殺に見せかけて殺す。一旦は会社を出た彼だが、証拠隠滅のため再び会社に戻る。ところが運悪く、ジュリアンはエレベーターに閉じこめられてしまう。約束の時間を過ぎても来ないジュリアンを心配し、夜のパリをさまようフロランス。ジュリアンに憧れる花屋、その恋人にも焦点を当てながら、物語は思わぬ方向に進んでいく。
Wikipediaより引用
Ascenseur-pour-l-echafaud_1.jpg
ポスターもシャレオツ!
スポンサーサイト
[ 2013/07/27 23:59 ] ラ行 ルイ・マル | TB(1) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。