スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャッジ・ドレッド ~I am the law!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ジャッジ・ドレッド」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はピート・トラヴィス監督の2012年の作品だ。
ジャッジ・ドレッド自体はシルヴェスター・スタローン主演で以前にも映画化されたことがあって今回が二回目の映画化みたいだな。

ガイコツ
二回目とはいっても一回目はズッコケてしまったらしくこの作品はリブートみたいですけどね(笑)
筆者はこの作品、Tカードを更新した特典でレンタル一本無料になったので久しぶりに新作を借りようということで探した結果これを観ることにしたようです。

ロボコップ
ホントは「ワナオトコ」の続編借りようとしてたけどみんなレンタルされてたから妥協してこれになったのはここだけの秘密だぜ(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




国家も政府も亡くなった荒廃した未来。唯一存在する都市メガシティ・ワンでは、刑執行の権限を与えられた集団「ジャッジ」が正義と秩序を守っていた。ジャッジのナンバーワンとして知られるドレッドは、新人ジャッジのアンダーソンを連れ、ギャング一味が支配する200階建ての高層ビルに乗り込む。ギャングのボス・ママは、ビルの全住人にジャッジ抹殺命令を下し、ドレッドとアンダーソンは多勢に無勢の壮絶な戦いへと突入し、絶体絶命の危機に陥る。
映画.comより引用
judge.jpg
ジャッジメンターイム!
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。