スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スネーク・フライト ~ザ・B級!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「スネーク・フライト」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はデヴィッド・R・エリス監督の2006年の作品だ。
「ジョーズ」を観て以降筆者的にアニマルパニックブームがちょっときているらしくその中でもなんかちょっと面白そうなこの作品を選んで観てみたようだ。


ガイコツ
面白そうというのもありますがいかにもバカっぽくてB級そうな臭いがぷんぷんしてたからっていうのが実際は大きいみたいですけどね(笑)
邦題「スネーク・フライト」、原題「Snakes on a Plane」という内容を端的に表した潔いタイトルも好印象ですし。

ロボコップ
まあなんかある意味安心して観られるタイトルではあるよな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




FBI捜査官のネヴィル・フリンは、ハワイで殺人事件を目撃した青年ショーン・ジョーンズの護衛として、ハワイからロサンゼルスの裁判所へ向かうために、飛行機へ乗った。 だが、その殺人事件の犯人であるギャングのエディ・キムは、ショーンの口を封ずるべく、その飛行機に積み荷として大量の毒蛇の入った箱を持ち込んだ。 そして、その箱に仕掛けられていた時限装置が発動し、あらゆる種類の毒蛇がその箱から一斉に現れ、機内を恐怖と混乱に陥れた。
Wikipediaより引用
snakes_on_a_plane_poster1.jpg
ポスターもエンブレム風でカッチョイイ!
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。