カテゴリー  [ ブランドン・クローネンバーグ ]

アンチヴァイラル ~ヤバい人~

ガイコツ
どうもです。
今回は「アンチヴァイラル」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はブランドン・クローネンバーグ監督の2012年の作品だぜ。
あの変態鬼才デヴィッド・クローネンバーグの息子ということで気になっていたので観に行ってみたようだ。

ガイコツ
気になっていつつも渋谷まで出て行くのが面倒くさくて延び延びにいしていたら遂にレイトショーしかなくなってしまったので慌てて観に行ったみたいですけどね。
なんか夏休みの小学生みたいな行動パターンですね(笑)


ロボコップ
まあ実際精神構造は小学生とは言わないけど中二辺りから大して変化してないんじゃないかという部分は多分にあるからな・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




青年注射技師シドは、セレブのウイルスをマニアに注射するクリニックに勤務し、希少価値の高いウイルスを闇マーケットに横流しするという違法行為に手を染めていた。そんなある日、究極的な美貌を誇るハンナが原因不明の重病に冒されて死亡。ハンナから採取したウイルスを自らに注射していたシドも幻覚症状に襲われるようになり、やがてウイルスをめぐる巨大な陰謀に巻き込まれていく。
映画.comより引用
AV.jpg
む、息子も変態やー!
スポンサーサイト