スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コールドプレイ ~真面目!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「コールドプレイ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はローアル・ユートハウグ監督の2006年の作品だ。
ノルウェーの作品なんて珍しいな、「トロールハンター」以来かしら。


ガイコツ
筆者はこの作品、「フローズン」の記事を書いた際にコメントでオススメしていただいたので観てみたようです。
最近は雨が降ってしまって梅雨の暑さを紛らわすという目的自体は薄れてしまいましたけどね(笑)


ロボコップ
とはいえそれでも観る作品をなかなか決められない優柔不断な筆者にとってはありがたい限りなんだぜ。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




スノーボードを楽しむ為、人気のない雪山を訪れた5人の若者たち。人の手が介入していない大自然の中、パウダースノーを楽しんでいたが、仲間の一人が足を骨折してしまう。救助を呼びたくても周りには人影すらなく、携帯電話も圏外で通じない。そこで救助を呼ぶ為歩いていると古びた山荘を見つけるのだった。そこは昔、ホテルとして使用されていたようだが、火事にみまわれ今は使用されておらず、誰もいなかった。彼らは寒さをしのぐ為ホテルに留まる事にするのだが、その時から自分たち以外の誰かが住んでいるような気配を感じ、仲間が一人ずつ消えていくのだった・・・。
FRITT-VILT.jpg
なんか妙に顔の怖いポスター
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。