イベント・ホライゾン ~フラッシュゴア!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「イベント・ホライゾン」について話していきましょう。

ロボコップ
この映画はポール・アンダーソン監督の1997年の作品だ。
一応言っとくと「バイオハザード」とか「ソルジャー」とかの方のポール・アンダーソンだぜ。
一部の人からは“ダメな方の”って揶揄されている人だな。

ガイコツ
個人的にはそこまで言うほどダメだとは思わないんですけどね、「ソルジャー」とかも嫌いではないですし。
まあたしかに上手い監督かと言われるとそうも思わないのもたしかですが・・・(笑)
筆者はこの作品、そんな監督の作品の中で特にレビュー評価が高い作品のようなので観てみたようです。

ロボコップ
“ダメな方の”という評価が勝つか、作品レビューの高評価が勝つのか作品とは違ったところでもある意味観るのが楽しみな作品だな(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。




西暦2047年。調査救助船が海王星への極秘任務に飛び立った。その目的は7年前に海王星で消息を絶った超深度宇宙探査船イベント・ホライゾン号の救助であった。実はイベント・ホライゾンには重力制御による新航法システムが取り入れられており、今回の作戦に特別参加したウェアー博士はそのシステムの開発者だった。やがて海王星でイベント・ホライゾンの姿を捕えた一行は船内に侵入するが、同時にクルーが幻覚や幻聴に苛まれるようになっていた……。
Yahoo!映画より引用
event_horizon_ver1_xlg.jpg
“ダメな方”とは言わせない!
スポンサーサイト

ソルジャー ~緩っ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ソルジャー」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はポール・アンダーソン監督の1998年の作品だ。
今や完全に「バイオハザード」「俺の嫁を見ろ!」をやってる監督ってイメージだが、以前はこういう普通の作品も作ってたんだな。


ガイコツ
この映画は大コケしたらしいですけどね(笑)
筆者はこの作品、「炎のディスクコマンドー」というインターネット番組で紹介されていたので興味を持って観てみたようです。


ロボコップ
あと何と言っても主演がカート・ラッセルというところに大きく惹かれたよな。
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





近未来社会。人は誕生と同時に将来を決められた。戦士に選ばれた者は人間の心を剥奪され史上最強の殺戮精鋭部隊の一員となるべく教育を受けた。成人まで生き延びられるのはわずか。ベテラン・ソルジャー、トッド3465(カート・ラッセル)はそのひとり。が、新世代のソルジャーが出現し旧ソルジャーは追い落とされ廃棄された。地球のゴミを廃棄する星で目覚めたトッドは、理想郷を求め地球を飛び出した移民の一団に助けられ、人間らしさを取り戻す。移民の居住区を襲う新ソルジャーたちにトッドはひとり立ち向かう。
allcinemaより引用
soldier_209235.jpg
コールミートッド!(かすれ気味の声で言うのがコツ)