スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キラー・スナイパー ~下衆の極み!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「キラー・スナイパー」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はウィリアム・フリードキン監督の2011年の作品だ。
「フレンチ・コネクション」「エクソシスト」が特に有名な監督だな。
というか筆者はこの2本しか観たことないみたいだけど(笑)


ガイコツ
そんなにわか丸出しの筆者がどうしてこの作品に興味を持ったかと言いますと・・・どこかで話題になっていたからです。
話題になってたのが少し前なのでどこで話題になっていたかは忘れてしまったらしいですが・・・(笑)


ロボコップ
その上どんな内容で話題になっていたかも忘れててどんな作品かも全く分からんまま観たらしいしもうわけわかんねぇな(笑)
・・・そんな鳥頭の筆者の話は置いといて、そろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





麻薬の元締めに多額の借金をしているクリスは母親にかかっている保険金5万ドル(受取人は彼の妹ドティー)を目当てに殺し屋を雇う。殺し屋は普段はダラスの刑事だが副業で殺し屋をやっているジョー・クーパーという男だ。クリスが報酬を前払いすることができないと知ったジョーはドティーを担保とすることを条件に契約を結ぶが・・・。
公式ページを参考に作成
キラースナイパー
映画秘宝あたりで話題になっていたようなそうでなかったような・・・
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。