スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スクリーマーズ ~分かるかいっ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「スクリーマーズ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はクリスチャン・デュゲイ監督の1996年の作品だ。
筆者はこの作品、少し前まで全く知らなかったのだが最近発売された「突撃!モンスター映画100」で紹介されていたのを読んで観てみたくなったようだ(ステマ)。

ガイコツ
本当は他にもっと観たくなった作品もたくさんあったのですがことごとくTSUTAYAに置いてない作品だったので消去法でこれを観ることにしたのは内緒です(笑)
あと一応言っておきますけど洋泉社のまわし者じゃないですからね!


ロボコップ
まあまずこんな辺境のブログに対してそんなこと誰も疑ってないと思うけどな!
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





西暦2068年、惑星シリウス6Bにより発見された鉱石“ベリニウム”。しかしその採掘の際に発生する致死量の放射線を問題に、採掘を強行しようとする企業NEBと、労働者、科学者たちの連合との間で戦争が勃発。冷戦状態へと陥った地球での状態をよそに、シリウスでは現在も争いが続いていた。そんなある日、連合軍司令官ヘンドリクソンは自軍の殺人マシーン“スクリーマー”により惨殺されたNEB兵士が持っていた休戦の申し出書を受け、平和の訪れに酔いしれていた。しかし、その時、民間船を装った連合軍の宇宙船が基地目の前に墜落。唯一の生き残りエース上等兵から聞かされた話により、地球の連合軍から見放された事を知る。絶望へと落とされたヘンリクソンは、和平を結ぶため、NEB基地を目指し旅立つのだが、そこには自己進化を遂げたスクリーマーたちの姿があった……。
allcinemaより引用
スクリーマーズ
楳図かずお的なポスター
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。