カテゴリー  [ アーヴィン・カーシュナー ]

ロボコップ2 ~バラバラ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ロボコップ2」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はアーヴィン・カーシュナー監督の1990年の作品だ。
トリロジーBOXが手元にあるということで前回の「ロボコップ」からそのまま続けて観たようだぜ。


ガイコツ
ロボコップって1はよく覚えていたでんすけど正直2の記憶は曖昧なんですよね。
「バタリアン2」みたいに酷かったという記憶もなければ特別印象的だったということもなくて。
ということで記憶を掘り起こすのも兼ねて観てみたようです。


ロボコップ
記憶にないという時点で何というかお察しな気もしないではないが・・・。
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





近未来。街は、“ヌーク”という麻薬の登場による凶悪犯罪で荒廃していた。オムニ社の本拠であるデトロイトの街もその例外ではなく、市はオムニ社から融資を受ける有様だった。警察はストの最中で、街を守るのはロボコップただひとり。彼は相棒のルイスと共に、“ヌーク”を持ち込んだギャング団のボス、ケインの検挙に熱を入れていた。その頃オムニ社では、デトロイト市の乗っ取りを画策する会長のオールドマンが、新進の美人学者ファックス博士に命じて、人間的感情のあるロボコップよりもっとプログラムに忠実なロボコップ2号を開発させていた。ある日ヌークの工場を急襲したロボコップは、逆にケインの手下でメカに強い12歳の少年のホブの手によってバラバラに解体されてしまう…。
goo映画より引用
ロボコップ 2
ユーアーアンダーアレスト!
スポンサーサイト