スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

素晴らしき哉、人生! ~(´;ω;`)ブワッ~

ガイコツ
どうもです。
今回は「素晴らしき哉、人生!」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はフランク・キャプラ監督の1946年の作品だ。
「レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース」などを観て警鐘を鳴らしてきた筆者もクリスマス直前くらいはちゃんとしたクリスマス映画定番映画を観たようだ。

ガイコツ
外出るのは寒い、映画館は混んでる、家にツリー飾るのはメンドクサイ、だけど家で観る映画でくらいは素敵なクリスマス気分味わいたいという非常にずぼらな考えから生まれた選択のようですけどね(笑)


ロボコップ
こうしてまた一人クリスマスひきこもりが誕生するのであった・・・!
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





自分の夢を追いながらも父親の急死に伴い家業の建築貸付組合(B&L)を継いで田舎の小さな町で過ごさざるを得なくなっていたジョージ・ベイリー(ジェームズ・ステュアート)は、町一番の富豪である銀行家ポッター(ライオネル・バリモア)の圧力に負けず、真面目に働いていた。家庭にも恵まれて、事業も好転しつつあったが、そんな彼に不運な出来事が起こる。そして、クリスマスの晩に自殺を図ろうとした彼に、翼をまだ持っていない二級天使が翼を得るために彼を助ける使命を受け、現れた。
天使は「生まれて来なければよかった」と言う彼のため、特別に彼が生まれて来なかった場合の世の中を見せる。そして彼がいかに素晴らしい人生を送ってきたかを理解させようとする。

Wikipediaより引用
素晴らしき哉人生
ほ~た~るの~ひぃか~り~まどのゆぅき~
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。