スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 ~クラシック~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はジェームズ・アトキンス監督の2012年の作品だ。
あのホラーの名門ハマーフィルム製作の作品だぜ。
とはいっても筆者はハマーフィルムの作品観るのこれが初めてだけど(笑)


ガイコツ
まあそもそも積極的に観に行ったというカンジではなくて「007 スカイフォール」の混み具合にチキって行き先変更して観た作品ですからね(笑)
なので観る前に知っている情報と言えばダニエル・ラドクリフ君が出ているということぐらいでした。


ロボコップ
キッカケは消極的とはいえこの作品観られて良かったぜ。混んでてくれてありがとう007!
ではそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





弁護士アーサーは、数年前に妻を亡くして以来、深い喪失感に囚われていた。ある日、事務所の所長から田舎町の邸宅へ行き、遺言書を見つけ出すよう命じられる。ひとり息子ジョセフを預け、町に着いたアーサーだが、住民たちはよそよそしく非協力的だった。仕事を始めたアーサーは、森の中に黒衣の女性の姿を見つける。やがて、町の子供たちが次々に怪死していた事を知る。そこには沼地で溺死した少年の死が関係していた…。
goo映画より引用
ウーマンインブラック
エクスペクトル・パトロォォナァァァム!
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。