レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース ~裸のおっさん~

ガイコツ
どうもです。
今回は「レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はヤルマリ・ヘランダー監督の2010年の作品だ。
ハロウィンが終わると同時に早々にイルミネーションをチカチカさせ、もろびとこぞりてなど流し始めるあわてんぼうのサンタクロースもビックリなレベルの気の早い人たちにクリスマスがいかに恐ろしいか警鐘を鳴らすために筆者はこの作品を観たようだ。

ガイコツ
要するにまあいつも通りのリア充爆発しろ的な気分で観たようです。
近くTSUTAYAに借りに行ったのですが置いてあるはずの棚になく恥を忍んで店員さんに探してもらってまでして観た執念の一本です。


ロボコップ
「素晴らしき哉、人生!」とかなら躊躇なくいくらでも探してもらうけど、なんでよりにもよってあんまり作品名をじっくりと眺めてほしくないこの作品が見当たらないかね(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





フィンランドの山奥の村で、父親と暮らす少年・ピエタリ。彼は昔の書物から、サンタクロースが本当は恐ろしい姿をしており、子どもたちに拷問したりしていたことを知る。その頃、彼の家からほど近いロシアの山の中では、多国籍企業により、何かの発掘調査が行われていた。発掘調査をのぞいたピエタリは、彼らが埋められたサンタを掘り出そうとしていることに気付いてしまった。やがて、森の中でトナカイの死体が大量に発見され・・・。
goo映画より引用
レアエクスポーツ
長きにわたり封印されてきた本当のサンタ伝説が、今明かされる!
スポンサーサイト