スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アルゴ ~アルゴくそ食らえ!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「アルゴ」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はベン・アフレック監督の2012年の作品だ。
主役のCIAエージェントトニー・メンデス役も彼が演じているぜ。


ガイコツ
この監督の作品を観るのは初めてなのですが噂によるとクリント・イーストウッドの後継とか言われているらしいですね。
「そいつぁ楽しみだ!」と大してイーストウッドの映画を観ていない筆者は期待を膨らませて観に行ったようです。


ロボコップ
実名付き肩書きに異様に弱いよな、筆者。
プロ野球でもドラフト候補が“和製ランディ・ジョンソン”とか評されてたらランディ・ジョンソン大して知らんのに心躍るタイプ(笑)
・・・とそんなどうでもいいことは置いといて内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。




イラン革命真っ最中の1979年。イスラム過激派グループがテヘランのアメリカ大使館を占拠し、52人のアメリカ人外交官が人質に取られた。だが占拠される直前、6人のアメリカ人外交官は大使館から脱出し、カナダ大使公邸に匿われる。CIAのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は6人をイランから救出するため、『アルゴ』という架空のSF映画をでっち上げて6人をそのロケハンのスタッフに身分偽変させるという作戦をたてる。
Wikipediaより引用
アルゴ
合言葉は“アルゴくそ食らえ!”
スポンサーサイト
[ 2012/10/28 00:00 ] ハ行 ベン・アフレック | TB(1) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。