スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西部戦線異状なし ~残酷!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「西部戦線異状なし」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はルイス・マイルストン監督の1930年の作品だ。
この作品、ブルーレイディスクは結構前に買っていたんだが積みっぱなしになってて、買ってから数カ月たった最近になってやっと観たようだ。


ガイコツ
買ってしまうといつでも観られるやとなって意外に観るのが後回しになってしまうんですよね。
でレンタルの方を優先してしまっていつまでたっても順番が回ってこないという。


ロボコップ
そして未だに棚で熟成され続けてもはや発酵しかけている作品も何本か・・・・。
んなことは置いといてそろそろ内容の話に移ろうか。
ストーリーはこんなカンジ。





第一次世界大戦が始まった頃のドイツ。学生のポールとクラスメートたちは愛国心を説く老教師に煽動され、英雄を夢見て、熱に浮かれたように軍隊に入隊する。顔なじみの元郵便配達員の上官に陰湿な訓練を受けた後、西部戦線に送られたポールたちは、最初の鉄条網張りの任務で戦争の現実を思い知る。慢性的な食糧不足、不衛生な塹壕や兵営、神経を苛む重砲攻撃と機銃掃射、塹壕での白兵戦。古参の兵士カチンスキーたちは優しく迎えて、彼らに生き抜く術を教えてくれるが、友人たちは次々と銃弾に倒れていく。
みんなのシネマレビューより引用
西部戦線異状なし
何が起きようと異常なしでございます。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。