スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャンゴ 繋がれざる者 ~なんやかんや~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ジャンゴ 繋がれざる者」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はクエンティン・タランティーノ監督の2012年の作品だ。
日本では今月1日に公開された作品だぜ。
筆者はこの作品、「続・荒野の用心棒」も観て簡単な予習は済んだということで満を持して観に行ったようだ。


ガイコツ
キッチリ予習するならホントは「マンディンゴ」やら「殺しが静かにやって来る」あたりも観といた方がいいみたいですけどね。
根性のない筆者は1本が限界だったようです(笑)

ロボコップ
筆者、「ホビット」に続き二度目の挫折である。
さてもやしの話は置いといてそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





1958年、黒人奴隷のジャンゴは、テキサスの荒野で賞金稼ぎのドイツ人・キング・シュルツ医師と出会う。ジャンゴはシュルツの手伝いとして、以前働いていた牧場の監督官をしていたブリトル三兄弟を見つけ出し、殺す。その腕を見込んだシュルツは、彼を相棒にすることに。やがてシュルツに心を許したジャンゴは、自分にはブルームヒルダという妻がいたが、奴隷同士の結婚は許されず、引き裂かれてしまった哀しい過去を話すのだった…。
goo映画より引用
django-unchained-poster3.jpg
♪ジャンゴ~(二度目)
スポンサーサイト

デス・プルーフ in グラインドハウス ~なんか楽しい!~

ガイコツ
どうもです。
今回は「デス・プルーフ in グラインドハウス」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はクエンティン・タランティーノ監督の2007年の作品だ。
「プラネット・テラー in グラインドハウス」がかなり楽しめたのでこっちもイケるでしょと思って観たようだ。


ガイコツ
筆者、実はこの作品前に1度観ようとしたんですよね。
でも深夜に観たのが悪かったのか序盤のおしゃべり部分で寝てしまい気づいたら朝になっていました(笑)
ということで今回は再挑戦です。


ロボコップ
今回は寝るわけにいかぬということで日曜の朝にアツアツのコーヒーすすりながら観てたな、朝っぱらからフォーッ!とか歓喜の叫びをあげたりして(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろうかな。
ストーリーはこんなカンジ。





テキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男、スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに、彼への警戒心を緩めていくが…。その14ヶ月後、テネシーのとある町。映画撮影に携わっているキム、ゾーイたちは撮影の合間をぬって車の試乗をすることに。しかしそんな彼女たちにマイクが目をつけ…。
goo映画より引用
デスプルーフ
リターンマッチや!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。