スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァンパイア/黒の十字架 ~燃え・・・ない!?~

ガイコツ
どうもです。
今回は「ヴァンパイア/黒の十字架」について話していきましょう。


ロボコップ
この映画はトミー・リー・ウォーレス監督の2002年の作品だ。
「ヴァンパイア/最期の聖戦」の続編の作品だ。
無駄に前作の邦題に“最期の”なんて付けるからなんか紛らわしいカンジになってしまっているな。


ガイコツ
今作はジョン・カーペンターは製作総指揮として携わっています。
トミー・リー・ウォーレス監督は「ハロウィンⅢ」の監督をしたりそのほかの作品にもスタッフとして参加していたりジョン・カーペンター作品に結構関わりが深い人のようです。


ロボコップ
「ハロウィンⅢ」てたしか評判が悪かった気がするから不安が増すばかりなんだが・・・・(笑)
ではそろそろ内容の話に移ろう。
ストーリーはこんなカンジ。





ヴァンパイア・ハンターのデレクは、ヴァンパイアたちとの壮絶な闘いにより、多くの仲間を失った。これまでにも残酷な現場に何度も遭遇してきたデレク。彼は殺された仲間たちの仇を討つため、新たなハンターたちを招集する。一方、ヴァンパイア集団のリーダー、女吸血鬼ウナは、ある時、修道院を襲撃し、昼間でも行動できる能力を得られる“黒い十字架”を強奪した。更にヴァンパイアたちは、ある陰謀のためにデレクの仲間の一人、ロドリゴ神父までもさらっていく・・・。
Yahoo!映画より引用
黒の十字架
ぼんじょび~
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。